公益財団法人,香川県環境保全公社,環境保全,地球環境,産業廃棄物,せとエコかがわ,循環型社会,省エネ,ゼロカーボン,香川県,高松
トップページ
香川県環境保全公社の概要
産業廃棄物の適正処理
補助金事業

ダミー

ゼロカーボン企業相談窓口
省エネ相談地域プラットフォーム事業
緑のカーテン地域拡大事業

緑のカーテン地域拡大事業

1.緑のカーテンモデルとは

 

 緑のカーテンとは、つる性の植物(ゴーヤ、アサガオ等)で建物の窓や壁を覆い、夏の強い日差しを緩和させる地球に優しいカーテンです。

2.緑のカーテンの効果

 

 緑のカーテンには、以下の効果があります。
〇夏の強い日差しを遮る
〇覆われたところ(建物の窓や壁等)から放出される熱エネルギーによる温度上昇を軽減する
〇葉からの蒸発により周辺の温度が下がる
これらの効果により、夏場のクーラーの設定温度を例年より高くできる、使用時間を短くできるので、電気の使用料を抑えることができます。
また、ゴーヤ等の果実がなる植物では育てた果実が収穫できますし、花が咲く植物では心が癒されるという効果があります。

 

3.緑のカーテン地域拡大事業について

 

 この事業は、緑のカーテンを県内の各地域に拡大し、その効用を広く周知することにより、省エネルギーの大切さを啓発するとともに、冷房等による夏季の電力需要削減を図ることで地球温暖化の進行を抑制する一助となるよう、緑のカーテンモデル地区を指定し、緑のカーテンの設置に必要な資材の一部を予算の範囲内でモデル地区に支給するものです。

 

実施要項はこちら → 緑のカーテン地域拡大事業実施要綱 

 

<モデル地区の紹介>

令和3年度 東かがわ市白鳥地区

令和3年度 丸亀市岡田地区

令和2年度 小豆郡土庄地区

令和2年度 高松市国分寺北部地区

令和元年度 丸亀市飯山北地区

令和元年度 丸亀市土器地区

<これまでの取組>

 

 

講習会の様子

緑のカーテンモデル地区拡大事業/予備(ブロック)

ページ先頭へ
copyright©  公益財団法人 香川県環境保全公社 All Rights Reserved